[ 新着情報 | 紹介 | 企画案内 | 文書 | ホーム | 全文書検索]


阪神・淡路大震災救援・復興兵庫県民会議の紹介

被災地の労働組合・諸団体40団体余りと専門家、研究者が参加

 救援復興兵庫県民会議は、被災地の住民自らが立ち上がり、ともに手を取り救援活動と住民の生活再建運動を進めることを目的として、95年3月4日に被災地の労働組合や諸団体40団体余と医師・弁護士・建築家などの専門家、研究者も参加して結成されました。爾来、1年10カ月後の今日まで、救援、住民の願いを行政に反映する運動、とりわけ被災者個人の自助努力ではいかんともしがたい住宅・生活再建への公的助成の拡充を求めるさまざな運動や住民が主人公となる新たな街づくりのとりくみをすすめています。