兵庫県震災復興研究センター ウェブサイト
Index

大震災10年と災害列島 日本と世界の経験に学ぶ

編著者:塩崎賢明・西川榮一・出口俊一
  兵庫県震災復興研究センター
出版社:クリエイツかもがわ
定価:2,310円(本体価格2,200円)
判型:A5判、302ページ
ISBN-13: 978-4902244328
2005年1月刊

阪神・淡路大震災から10年。その教訓は生かされているのか? 大震災の教訓と市民の復興・再生から学び、あらゆる角度から災害列島日本の備えるべき課題を網羅する。

紹介して頂きました

民間の視点で復興過程検証 県震災復興研が本出版」(2005.2.24神戸新聞)
4月の紹介『大震災10年と災害列島』」(NPO法人マンションセンター京都)
大震災10年と災害列島」(2006.1.18 地震と坐骨神経痛の日々)
つれづれ日記」(2005.1.20広原盛明の「市民フォーラム」)

目次

◯知事が語る大災害への備え〈インタビュー〉

 

「富国強兵」路線の克服こそ、被災地再生の道
   長野県知事 田中康夫

 大震災から10年、被災の原点を忘れるな
   鳥取県知事 片山善博

 大震災の教訓と南海大地震への備え
   高知県知事 橋本大二郎

◯大震災10年を検証する

 ・現代技術都市の特徴と震災へのあり方
 ・公的支援のあり方
 ・生活・住宅再建の政策形成プロセス 他

◯大震災10年の教訓と今後の備え

 ・多様な避難生活の把握とその対策の必要性
 ・生活情報の共有で「安心」被災者は生き延びた
 ・住宅復興/都市計画とまちづくり/個人の救済/人間の復興―医療・福祉・教育・文化・歴史/復興の仕組み/安心・安全の住宅づくり、地域づくり/地震・防災・環境/被災者支援とボランティア 他

【緊急報告】台風災害・新潟県中越大震災

 震度7の地震は日本のいたるところで起こりうる!

 台風災害・中越地震と災害列島への備え/災害行政の建て直しを迫る23号台風・中越地震災害/迅速な被災者支援策の実行を/中越大震災は「高齢社会型+孤立社会型」だったのか 他


XOOPS Cube PROJECT