兵庫県震災復興研究センター ウェブサイト
Index

福島原発事故 取り残される避難者

●福島原発事故 取り残される避難者 目次テキスト


 はじめに


第Ⅰ部 福島原発事故による被災者の生活問題

第1章 原発避難いじめの実態と構造的暴力[辻内琢也]
 1 「原発避難いじめ」の実態
  1)中高6年間にわたる犯罪的暴力
  2)近隣の大人からのいじめ
  3)親子で受けてきた無視・誹謗中傷・暴力
  4)テレビや新聞で取り上げられるたびに受けるいじめ
  5)転校せざるを得なかったいじめ
 2 原発避難いじめ調査
  1)調査の概要
  2)子どものいじめの概況
  3)子どものいじめの内容
  4)学校の対応について
  5)大人社会に広がるいじめ
 3 アンケート自由記述の分析
  1)原発いじめの具体的内容
  2)原発いじめはなぜいま問題になったのか
 4 いじめの構造
  1)いじめ定義の変遷
  2)いじめの種類とタイプ
  3)「いじめ防止対策推進法」の抱える課題
  4)原発避難いじめの構造
 5 構造的暴力の仕組み
  1)不合理な避難・帰還区域の設定
  2)作られた安全・安心神話
  3)構造的暴力によって生じた社会的虐待
 6 原発いじめに対する文部科学省の調査
 おわりに

第2章 楢葉町に見る自治体職員の生活実態と新たな課題――帰還できる町・楢葉町[渡部朋宏]
 はじめに
 1 原発事故発生からの避難経過
 2 原発事故避難における職員対応の実態と苦悩
 3 町の復興に向けた職員の新たな使命

第3章 避難している子どもを支える居場所づくり[江川和弥・戸田典樹]
 はじめに
 1 震災から7年目の現実
  1)「居場所」づくり活動と子どもたちの今
  2)大熊に帰れないと決めた子育て世代
 2 縮小される被災者支援
 3 NPOやボランティアが支えてきた子どもの「居場所」づくり
  1)震災後の活動の経過
  2)大熊町の子ども支援の枠組みづくり――大熊町地域学習応援協議会の活動
 4 大学生と子どもたちの「斜めの関係」と支援のふりかえり
 5 「居場所」づくりにおける到達点と課題
 おわりに


第Ⅱ部 阪神・淡路大震災とチェルノブイリ原発事故から考える――社会的支援の縮小・住宅政策の問題点と課題

第4章 「借上公営住宅」の強制退去問題を考える[出口俊一]
 はじめに
 1 「借上公営住宅」とは
 2 強制退去策の先頭を走った神戸市の「第2次市営住宅マネジメント計画(案)」
 3 歓迎されて導入された借上公営住宅
 4 「借上公営住宅」はなぜ20年間であったのか
 5 入居者の現状
  1)入居者の声
  2)きわめて高い高齢化率
 6 神戸市のやり方はルールと常識に適っているのか
  1)陳情書への対応
  2)神戸市と事業者
  3)民間家主(オーナー)の意向
  4)神戸市と入居者
 7 公平性を欠く自治体の政策
  1)神戸市会議員の意見
  2)「神戸市借上市営住宅懇談会」委員の意見
  3)『兵庫県借上県営住宅活用検討協議会 報告書』(2013年3月)
 8 借上料― 神戸市「第2次市営住宅マネジメント計画」の説明と実際
 9 強制退去策の判断・決定・遂行の責任を問う
 10 法治主義を逸脱した退去通知
 11 ようやく一部の継続居住を認めた兵庫県と神戸市だが……
 12 目標は“希望する入居者の継続居住”
  1)神戸市が12団地551戸の「UR借上住宅」を買い取ると発表
  2)20年期限は「公営住宅法の要請」なのか
  3)取り組み始めて8年

第5章 阪神・淡路大震災後22年にみる住宅政策の課題――「借上公営住宅」入居者退去問題に焦点をあてて[戸田典樹]
 はじめに
 1 借上公営住宅から退去を迫る兵庫県、神戸市、西宮市
 2 阪神・淡路大震災において住宅支援を受けた人たちの状況
 3 借上公営住宅からの退去命令を受けた人たち
 4 退去命令を受けた入居者の生活を考える
 おわりに

第6章 原発被災者の長期支援の必要性――チェルノブイリ原発事故被災者のインタビュー調査を通して[田中聡子]
 はじめに
 1 チェルノブイリと福島
 2 チェルノブイリ法が被災者を支える
 3 チェルノブイリ原発事故被災者のインタビュー調査
  1)インタビュー対象者
  2)プリピャチからの避難
  3)第2ゾーンと第3ゾーンで移住しなかったナロジチ
  4)インタビュー調査のまとめ
 4 福島第一原発事故の被災者を考える上で重要なことは何か

第7章 長期的避難生活を送る子どもを抱える家族への支援を考える[戸田典樹]
 はじめに
 1 チェルノブイリ原発事故と福島第一原発事故における避難指示
 2 両原発事故における被災者を対象とした調査
  1)避難指示により避難した人たち
  2)避難する状況にありながらも避難しなかった人たち
  3)避難の正当性を認められなかった人たち(自主避難者)
  4)避難したが帰還してきた人たち
 3 考察
 おわりに

第8章 福島原発事故避難者問題の構造とチェルノブイリ法[大友信勝]
 1 研究の背景と目的
 2 福島原発事故避難者問題の現局面
  1)帰還政策の現状
  2)避難者の意向調査から
  3)災害救助法の適用打ち切り
 3 避難者問題の構造
  1)「自主避難」の背景と要因
  2)「自主避難」問題の視点
 4 原発事故における避難の視点と位置
  1)チェルノブイリ法の特徴
  2)ウクライナ政府報告書
  3)子ども・被災者支援法
 5 チェルノブイリ法の教訓と避難者問題
  1)緊急時被曝状況
  2)ウクライナ政府報告書と「疫学的手法」
  3)チェルノブイリ原発事故調査チーム
 6 研究課題
  1)「疫学的手法」について
  2)「自主避難」問題の背景と構造
  3)チェルノブイリ法との比較研究


第Ⅲ部 福島原発事故被災者の夢と希望


第9章 避難者の実質的生活補償へ[津久井進]
 1 「生活」を取り戻す
 2 賠償の現状
 3 補償を阻む3つの課題
  1)制度の不備・不存在
  2)政府方針
  3)公平の原則
 4 生活補償を実現するために――災害ケースマネジメント
  1)災害ケースマネジメントの必要性
  2)仙台市「被災者生活再建加速プログラム」の取り組み
  3)一人ひとりに向き合う生活補償を

第10章 米山隆一新潟県知事インタビュー――原発事故、その影響と課題[聞き手:大友信勝・戸田典樹]
 福島原発事故およびその影響と課題についての検証――最初の課題は物理的に何が起こったか
 健康と生活に及ぼした影響の検証
 放射線科医の視点から見えるもの
 避難計画をめぐる検証
 柏崎刈羽原発再稼働をめぐる動向
 代替エネルギーの考え方
 福島原発事故避難者への住宅等の支援
 避難者への誤解
 避難計画公聴会をめぐって
 子どもたちが原発事故をみる視点
 情報公開と市民的目線で――民主主義を貫き通すということ

 おわりに



XOOPS Cube PROJECT