兵庫県震災復興研究センター ウェブサイト
Index

2009年労働・生活白書

21回目の『白書』。タイトルは、「社会の基本を変えよう!-仕事と暮らしを尊ぶ社会へ-」とした。危機の時代には、ものごとを根源的に考え、行動する必要があるからだ。

チラシをダウンロード(PDF)

2009年1月刊


世界と日本の災害復興ガイド

編者:世界と日本の災害復興ガイド編集委員会
出版社:クリエイツかもがわ
定価:2,100円(本体価格2,000円)
ISBN-13: 978-4-86342-015-1

災害多発時代の現在、復旧・復興に有用な情報満載。震災から一貫して災害復興のあり方を研究・提言してきた編者と、世界と日本の災害復興の現場を歩いてきた専門家による災害復興のためのガイドブック。行政・学校・企業の防災担当者必携

チラシをダウンロード(PDF)

2009年1月刊


検証 港から見た食と農

著者:柳澤 尚
出版社:クリエイツかもがわ
定価:1,260円(本体価格1,200円)
判型:A5判、120ページ
ISBN-13: 978-4-902244-95-3

いまや日本の食料自給率は39%。私たちが口にする食べ物は輸入に頼っている。その輸入食品がまず運び込まれるのが港。どんなものが輸入されている? 水際での検査体制は? 安全チェックは? 農薬への影響は? 元税関職員が深刻な自給率の危機と食の安全に迫る。

チラシをダウンロード(PDF)

2008年3月刊


災害復興とそのミッション

編者:片山善博・津久井進
出版社:クリエイツかもがわ
定価:1,890円(本体価格1,800円)
判型:A5判、195ページ
ISBN-13: 978-4902244823

憲法違反とまで言われながらも「住宅再建の支援策」を実施した片山善博鳥取県知事(当時・現在 慶応義塾大学教授)が、「復興のミッション(使命・任務)」という視点から災害復興と憲法を論じる。若き法律家 津久井進弁護士が憲法を再発見!

チラシをダウンロード(PDF)

2007年8月刊


災害復興ガイド

編著者:塩崎賢明・西川榮一・出口俊一
  兵庫県震災復興研究センター『災害復興ガイド』編集委員会
出版社:クリエイツかもがわ
定価:2,100円(本体価格2,000円)
判型:A5判、180ページ
ISBN-13: 978-4902244731

阪神・淡路大震災から一貫して災害復興のあり方を研究・提言し続けてきた編者らと、日本と世界の災害復興の現場を歩いてきたボランティア・専門家らが贈る、日本初の災害復興手引き。行政・学校・企業の防災担当者必携の書。

チラシをダウンロード(PDF)

2007年1月刊


大震災10年と災害列島 日本と世界の経験に学ぶ

編著者:塩崎賢明・西川榮一・出口俊一
  兵庫県震災復興研究センター
出版社:クリエイツかもがわ
定価:2,310円(本体価格2,200円)
判型:A5判、302ページ
ISBN-13: 978-4902244328

阪神・淡路大震災から10年。その教訓は生かされているのか? 大震災の教訓と市民の復興・再生から学び、あらゆる角度から災害列島日本の備えるべき課題を網羅する。

2005年1月刊


LESSONS FROM THE GREAT HANSHIN EARTHQUAKE

編者:兵庫県震災復興研究センター
翻訳:渡辺玲子
出版社:クリエイツかもがわ
定価:1,890円(本体価格1,800円)
判型:A5判、151ページ
ISBN-13: 978-4902244335

『大震災100の教訓』英語抄訳版。阪神・淡路大震災とその後の復興の視察に訪れる外国人向けの資料として、各方面で活用されています。

2005年1月刊


大震災100の教訓

編著者:塩崎賢明・西川榮一・出口俊一
  兵庫県震災復興研究センター
出版社:クリエイツかもがわ
定価:2,310円(本体価格2,200円)
判型:A5判、254ページ
ISBN-13: 978-4876997121

大震災―明日はわが身・わが地域に起きても不思議ではない。いざというときに役立つ「阪神・淡路大震災の教訓」決定版。防災から危機管理、復興のあり方から市民生活まで、総合的に明らかにする。

2002年10月刊


大震災と人間復興

編者:兵庫県震災復興研究センター
出版社:青木書店
定価:2,100円(本体価格2,000円)
判型:A5判、272ページ
ISBN-13: 978-4250960413

被災から2年近くたった神戸から、未だ復旧からはほど遠い現状をレポート。経済大国の内実を告発し、更に住民が地域に戻り生活を再建できる、真に生活者のための復興政策を提示する。

1996年10月刊



XOOPS Cube PROJECT